「マック」の裏メニューと「dポイント」\医師と言う人種\最近のネコさん


いい天気でした
梅雨を前にして暫しの安定期なのかも

久々にマックに寄り
400円「バリューランチ」を注文しました
急いでいたのか
本日の「ビッグマック」は
乱れ気味でした (≧m≦)ぷっ!


170529_4669 マックの400円「バリューランチ」VGA


ついでに「ビッグマック」と
「裏メニュー」の中から
「裏チキンフィレオ」を
お持ち帰りしました(^・^)
 ↑ボリュームがあって
  割と美味しかったですョ
  ケンタ君との住み分けが
  曖昧になってきた(^^;

従来ケータイの機種変とか
周辺機器の購入などに
限定されていた「ドコモポイント」が
5月から「dポイント」に移行され
提携店舗等でも使えるようになりました
オマケに今「マック」で利用すると
ポイント5倍だったように思うので
移行されたポイントで買ってみたヽ(^o^)丿



昨日のニュースでは
落語家の「桂ざこば」さんが
「銀二貫」の稽古場に向かう途中
体調不良で救急搬送されたそうですね

精密検査後の発表では
「左中大脳動脈閉塞症」
「塞栓性脳梗塞」で約1ヶ月の
入院加療が必要らしい
足がもつれ言葉も不明瞭だったそうです

僕もつい先日MRI検査後に
「脳梗塞」との診断を受けたので
なんだか他人事ではないなぁ
僕の場合の正式な病名は
確かめていないけど
顔面麻痺とかロレツが
回らないワケではないので
初期段階で可能性から除外していたし
診断後も本人は特に
重大視していないけど(^^;

「脳梗塞」は汗をかいて
血が濃くなる夏に
発症し易くなるそうですので
皆さんも要注意ですョ



それよりも僕が気掛かりなのは
立ちくらみや目眩
手足のジンジン・ピリピリした痺れで
日常生活に支障が出ています

前に体調不良で延期していた
内科クリニックでの
「内臓エコー検査」と
「胃内視鏡検査」を
本日受けてきました
胃は問題無しとの事ですが
すい臓や胆嚢だかに
水疱とかポリープがあったものの
特に問題ではないそうな
う~ん・・確か前にも
そう言われたなぁと思い出した(^^;

今日たまたま診て貰った院長Dr.に
5月初めから立ちくらみや目眩が酷く
手足もジンジン・ピリピリ痺れるのが
気になっている
〇〇病院(総合病院)の
他の科を受診したついでに
MRI検査して貰った結果
「脳神経外科」で「脳梗塞」と診断された
「神経内科」では髄液検査をして
そちらは感染症の疑いはないとの
診断を戴いている
内科的には例えば
「閉塞性動脈硬化症」とか
「バージャー病」等の可能性は
考えられないでしょうか?
とたずねたところ
「他の先生に検査して貰って
 その上僕に何をさせたいの?」
「そんなもの(僕が訴える症状)は治らない」
「僕の印象では『ドクターショッピング』に
 陥っているように見える」と強く一蹴された

正直患者は不安があるから病院で
症状を告げるのであって
僕も一過性のものだとか
日常支障のない程度のものなら
何も伝えたりはしない
クリニックにお金を払って
世間話をしに行っているのでは
ないのだから
もし患者が聞きかじりの知識を
ひけらかして得意になっているとか
具体的な病名を出した事に対し
医師への越権行為と
腹が立ったと言うのであれば
そんな医師のプライドや
専門知識をもって
案じているような病気では無い理由を
患者が納得する形で示し
不安を取り除くのが
筋と言うものではないのだろうか
僕は考えられる可能性は排除していきたい
その為には自分でも調べます
自分で断定してしまっているなら
是か非かは別としても
医師の憤慨も解らなくはないですが
症状から病名を調べる事自体
不調を抱える者としては
それほど不自然な行為とは
思えないのですが・・

僕の何を知っているのかと思える医師が
頭ごなしに「そんなものは治らない」なんて
言っちゃっていいの!?って思う
逆に“その程度の症状も治せない”自分は
ヤブですと言っているようなものでしょ
オマケに無用にアチコチの病院を
渡り歩くような行為を
「ドクターシッピング」と言うのですが
そんな言葉で患者を侮蔑して
どうなるんでしょうねぇ┐('~`;)┌
自分の人格や人間性をも
否定されたような心持ちになり
非常に気分を害しました
僕は同じ診療科目をわざわざと
アチコチ転々とはしていないし
「病気だ」と診断されたいのではなく
強いて言えば
「心配している病気ではない」との
根拠を得たいだけです
それがそれほど
責められるべきなんかなぁ・・

口論して不愉快な気分に
なりたくはなかったので
「そうですか」と引き下がったけど
その院長には先に他の病院で
検査するような不届きな患者を
懲らしめてさぞ良い気分
だったでしょう



内科に行ったついでに
暫く飛んでいる「整形外科クリニック」に行って
「神経ブロック注射」をして貰おうと考えたものの
そこはそこでまた常に上から目線の
傲慢院長に当たって
不愉快な思いをさせられたら
耐えられるかなぁと
不安になったけど
注射と痛み止めの薬さえ
出して貰えればいいやと
覚悟して行くと
今日はまた違った医師に当たった
行く度にコロコロ変わって
特に担当制にはしないようです

その医師は前の治療記録を見ながら
比較的症状を聞いてくれてはいたけど
家でストレッチなどしているかと
訊いてきたので「いえ」と答えると
「病院にばかり頼っていないで
 自分でも努力せんとなぁ!・・OK!?」だって
(゜ロ゜;)エェッ!?
僕は初めに
「立ちくらみや目眩が酷くて
 外に出るのも怖くなる」と
言いましたよね!?って感じ
酷くなると吐き気を催すと言うのに
それにどこから病院に頼っている
なんて発想が出てくるのだろう
そんなにマメに通院しているワケでもないし
常に不定愁訴を訴えているワケでもない
ひとつ何か言えば
上から目線のキツイ言葉が
倍返ってくる医師達に対し
敢えて口論を仕掛ける
メリットはないし根気もない
万一医師の言う通りだとしても
不安を抱えた患者が
医師や病院を頼ったからと言って
何の不思議があると言うのだろう・・
ここの医師達は患者を
バカにしているのだろうなって感じた

アンタ達は
そんなバカな患者たちが支払う
医療費や健康保険の掛け金
国や自治体からの診療報酬等で
飯喰ってんじゃね?
寄生虫はどっちやねん!
・・って考え始めると
医師と患者との間の
信頼関係も損なってしまうでしょ?
だから余り口一杯な事
言うものではないように思うなぁ

先に書いた内科院長Dr.もそうだけど
患者に目一杯口一杯の
文句を言いたいのなら
患者の症状や不具合を治し
楽にさせてからでも遅くない
それが医師としてのプライド
と言うもののような気がする

あ~ぁ、結局不愉快になってしまうのかぁ
治療して貰う為に医師をヨイショするのにも
ホトホト疲れてしまいます
毎回の如く不愉快な気分にさせられ
それを避ける為に病状すら
マトモに伝えられないのなら
通院する意味がないな
どうしたもんだか

診察の初め、形ばかりに
「どうですか?」と訊かれた事に対し
前回の診察や治療からこちらの
症状の変化等の答えに腹を立てるのなら
訊かなければいいし
診たくないのなら断ればいい
一方で怒ったり患者を侮蔑したりしながら
一方では診察を続けさせようとする
商売っ気も棄てられない
何か矛盾しているよう感じます
まぁそれが世の中と言うものでしょうが
┐('~`;)┌



日頃は時に強気だったり
割り切ろうとする僕でも
何かの問題を抱え
弱っている時には
配慮に欠ける言葉を
叩きつけられると凹んでしまうし
立ち直るのに時間が
掛かってしまいます
つい自分は生きているだけで
周りに迷惑を掛けてしまう人間なのか?
と自問してしまいます
そんな自分もイヤだけど
自分には殺生与奪の権利があると
考えているような医師等は
もっとイヤです



最近のトラ美ちゃんは
相変わらず僕が家に居る間も
家の外と内を出たり入ったりして
その度に僕に網戸を開けろとうるさい(^^;


170527_4666 ストーブ前のトラ美ちゃんVGA


170527_4667 ストーブ前のトラ美ちゃんzoomVGA


もう梅雨近いですが
それでも時折朝晩冷え込む時があり
そんな時は電気ストーブを点けてあげると
前に陣取って伸びていますσ(=^‥^=) ミィ?



---------------23:36


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ふ~みんままさん へ

こんにちは
コメント有難うございます
お元気ですか?
我が家のサボテンは
梅雨近くになり
空気が湿気てきたせいか
花を咲かせる準備で
ハリキッております
少し元気のお裾分け
してあげたいくらいです
・・ってか、その前に
僕が元気を戴かなくては、ですが(^^;

仰るように
各々にとっての「名医」の定義は
違ってくると思います
よく話に耳を傾けてくれる医師
薬をよく出してくれる医師
口は悪いが的確な判断が出来る医師
等々まぁ様々ですね
医師に限らず全ての職業や
人間性にとって大切な事は
相手の立場をおもんばかる事が出来る人物
であるような気がします
ところが僕の知る限り
「自分」を判断基準に
物事を考える医師が
多いように感じます
患者を死なせてから
「力及びませんで・・」と
形ばかりのしおらしい事を平然と
口にできる医師って
どんな育ち方をしているのか
一度人間やり直してきらた?と
深い憤りを感じる事もしばしばです
医師にとってその死人は
何百分の一、何千分の一
でしか過ぎないでしょうが
家族にとてはかけがえのない人である
と言う「人」に対する敬意が
欠如しているように思えますねぇ
そこに至るにはこれまでに
紆余曲折があったのかも知れません
それはどんな職業に就いていたところで
起こり得る事もので医師だけが
特別である根拠は存在しません

医師は人を見ず病を診る
とはよく言われていますが
仕事上お付き合いのある医師たちもまた
自分の身内の死に直面しても尚
我々一般人の目からみると
「冷たい」と思えるほど
さばさばしています
きっとそれは臨床の場で体験する事柄の
延長線上の出来事にしか過ぎないと
捉えられているのかも知れません
一種の「職業病」みたいなものでしょうか

とは言え
大きな総合病院の勤務医などは
外来や入院患者のケア
手術などなど
それは多忙を極める環境に
置かれている場合が多く
毎日ストレスに晒され
それがツイ患者を前にして
爆発してしまう場合もあるようで
それを肯定はしませんが
気の毒な部分もある事は
確かなようです
日本の医療制度の問題でしょうか・・
でもやはりプロであり
それなりの給金を貰っている以上は
患者やその家族なりの理解力に
甘えてはいけません
病気や死と直面し
いわばその人物の
人生の修羅場とも言える場面に
立ち会っているワケですから
我々には及びもつかない
人生勉強が出来る場でもあると思います

世間でおよそ
「先生」と呼ばれている
職業に就く人物は
環境に流され易く
感化され易いように見受けます
恐らく余り社会経験を積まずに
世間を知らないうちに
「先生」になってしまう為
色んな価値観を体得する機会に
恵まれていなかった為かも知れないですね
それは一人の人物としては
やはり不幸な事なのかも知れません

医師とは究極的には
病気を治しての価値だと思うので
僕的には多少口や態度が悪くても
それは精神的に大きな負担にならず
不調が軽減していくなら
多少の傲慢さは受け入れる方向で
考えられもするだろうと思えますが
幾ら通っていても不調が良くならなくて
ストレスの方が大きくなっていくとすれば
それは決して「名医」とは言えないでしょうね

これから湿気が多くなると
体を壊し易くなりますので
ぐれぐれも御身大切になさって下さい(^O^)/

No title

おはようございます。
なぜかログインできません(T ^ T)

患者と医師も人間ですから相性というのもあるかもしれませんが
なかなか自分にとっての名医って見つかりませんね(ー ー;)
一昨年、ムコ殿が膵炎で救急搬送された時、
まだ乳飲み子のおマメちゃんを抱いて、のたうちまわるムコ殿の横で
真っ青になっているムスメに向かって、担当の医者が
『僕、外科やねん、もうすぐ9時やから当直明けで帰るところやし
今日は土曜日やから月曜に専門医が来るまで我慢して』と
言ったそうです。
急性膵炎は72時間以内に処置しないと最悪の結果が待っている、
というのは後で知りましたが、あの時、あの医者の言うとおりにしていたら・・・
困ったムスメが私に電話をしてきて、身内の病院に救急車で転院させ
結局40日間もICUに入りましたが今は元気にしています。
助けてくれる医師に出会えるかどうかは、運なんじゃないかと思うこの頃です。
医療現場をテーマにしたドラマのような医師はどこにいるんでしょう。。。
まっとしさんの体調が少しでも良くなりますように、
『良い医師』に出会えますように。
Translation(自動翻訳) 横型エキサイト版
黒ねこ時計 くろック D04
プロフィール

まっとし

Author:まっとし
一応ゲイやってますが
ひとりの人として
日々感じる事をダラダラ書いてる
カナダ生まれのQuarterです
今は神戸に住んでいます
日本語OK
でも漢字は苦手(^^ゞ

2013年3月14日に
17年間一緒にいて
家族とも思っていた元野良猫の
「ニャンコ」を
腎不全からの尿毒症で
たった2日で呆気なく亡くし
ちょっと寂しいですが
お隣が捨てた半野良ネコの
「トラ美ちゃん」が
訪ねてきてくれるので
その世話で気分が紛れていますねぇ(=^・^=)

「Twitter」や「Facebook」
などのSNSはやっていない為
「いいね!」とか「ツィート」等は
クリックできないのでご容赦下さい
<(_ _)>

22 Dec.2014 ブログ名変更

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ