砂漠に雪が降る\アメリカ連邦地裁の「トランプ砲返し」\将来のプリンシパル・「ローザンヌ国際バレエ」


日本でも妙な天気が続いていますが
アラブ首長国連邦のドバイでは
嵐によってクレーンが倒れ
車が下敷きになる事故が起こったそうで
またラスアルハイマでは
山に10cm程の雪が積もったとか
近年砂漠地帯に大雨が降って
洪水が起きたと言う話も
耳にするようになり
天変地異の予兆かと怖くなります



嵐と言えば
アメリカのトランプ大統領が
“トランプ砲”をぶっ放して
アチコチでトラブルの種を蒔いていますが
イラン、イラク、シリア、イエメン
リビア、ソマリア、スーダンの
7ヶ国出身者や難民の
アメリカ入国一時差し止めの
大統領令に対し
ワシントン州とミネソタ州が
シアトルの連邦地裁に
「法の下の平等や
 信仰の自由を侵害している」と
訴えを起こし連邦地裁はそれを認め
即時入国禁止を解いた事に対し
司法省は異議申し立てを
行ったようですが
それも棄却されたようです

自由を尊ぶ国々の盟主で
あるはずのアメリカが
「大統領令」をもって一方的に
権力を振り回すようなやり方は
やはりよくありませんし
それによって混乱が
生じている隙を突いて
本当のテロリストが
行動に出る危険性もある

時にマトモな事を言う時もあるけど
就任後の言動はどうしても
思慮深いとは言えないように
映ってしまいます



バレエを志す若手の
登竜門と言われている
「ローザンヌ国際バレエコンクール」第45回大会で
日本の中尾太亮さんが3位
山元耕陽さんが4位入賞したそうですね

向かって右が中尾太亮さん
左が山元耕陽さんさん


170205「ローザンヌ国際バレエコンクール」第45回大会で3位の中尾太亮さん(右)と4位の山元耕陽さん(左) m_jiji-0023242992_480x571


4位入賞の山元耕陽さん


170205「ローザンヌ国際バレエコンクール」第45回大会で4位入賞の山元耕陽さん m_jiji-0023242991_VGA


バレエやってる人の
脚ってやっぱ直線的で
美しいですよね
でもバレエの競技大会って
採点がビミョ~そう

日本からほぼ毎年受賞者が出ています
バレエってイメージ的に
華麗な舞台セットと
優雅な舞いを連想するけど
このコンペって舞台装置が一切なく
味も素っ気も無い平面の舞台で
参加者が入れ替わり立ち代り
演技を披露していっていたように思うので
ド素人の僕なんかは
かえって過酷な競技に映る

中尾太亮さんが17歳
山元耕陽さんが15歳だったかなぁ
若っいですよねぇ~
こんな衣装着て化粧していると
僕はどうも宝塚歌劇の
「フェルゼン」と「アンドレ」を
連想しちゃいます(^^;
このお2人も将来は
プリンシパルを
目指すのかな



チョットばかり必要があって
「Facebook」や「Twitter」を
インストールしたんですが
不特定多数に向けて
利用していないと
友達を見つけましょうとか
捜しましょうとか
しつこく通知が来るんですねぇ
( ̄。 ̄)ホーーォ。
僕は別にSNSを広く
活用するつもりはないので
余計なお世話だと思う
┐('~`;)┌



-------------21:14


スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

fleurさん へ

こんにちは
コメント有難うございます

相変わらず寒暖の差が
激しいようですね

仰るように
「バレエ」や「オペラ」鑑賞等の
チケット代は青天井か!
と思える程高価です
大体そんな催しに
興味を持っている方や
鑑賞しに行ける方は
限られていますので
青天井でも払えるレベルの
生活をなさっている方だろうと言う
プロモーターの思惑が
あるのかも知れませんが
バレエやオペラに限らず
大体が外国からの日本公演の
チケットは異様に高価過ぎます
それがまた観客の虚栄心を
くすぐるのかも知れませんし
日本は上得意様なのでしょう
「宝塚歌劇団」の「当日B席」なんて
2500円なんですよぉ(^^;
日本人が外国に留学せずとも
逆に外国人が日本に学びに来る程の
バレエ団を日本に作って欲しいものです
あれだけ日本人が外国のコンクールで
入賞する実力があるのなら
それも不可能ではないように
思うのですが
不思議なところですねぇ~

「Facebook」や「Twitter」は
ほんとビジネス上仕方なくで
個人的にどなたかをフォローする為でも
友達の輪を拡げたいワケからでもありません
親しい人や連絡の必要な方々とは
そんなものが無くても
既に繋がっていますもんねぇ
今回その「つぶやき」について
感じた事なんですが
何かつぶやく事を
半ば強要するツールと言うのは
不必要な誹謗中傷や
イジメを生む元凶に
なっているような印象を持ちました
匿顔性と手軽さと言う部分で
人はその後の成り行きを
深く考えないで
つい書いてしまうのでしょうし
SNS側でも利用者を増やす事で
それなりのメリットが生じる為
推奨する傾向にあるようで
「余計なつぶやき」を
増やす元になっているように
感じました

やはり災害時などの安否確認以外
僕の日常で余り必要のない
ツールかなと思います

No title

こんにちは。今日は比較的暖かくて過ごしやすいです^^

私はもうバレエは全然観なくなってしまったんですが、以前は好きで良く行ってたんです。
ちなみにバレエ鑑賞から離れた原因の一つはチケットの高さでした‥( ノД`)
日本の公演はともかく、海外からのバレエ公演ともなるともう破産してしまう金額なので、次第に離れていってしまいました。
その代わりといっては何ですが、今はヅカを楽しく観に行っています^^

まっとしさんも書かれていた様に、ローザンヌはほぼ毎年日本人の入賞者が数人は出ますよね。
みんなスタイルもいわゆる西洋風になってきてスラっとしてきているので、そういう点でも遜色がなくなって来たと思います。
いつも入賞者の出身を見ると、比較的海外のバレエ学校からの参加が多いですよね。
今回も中尾さんがドイツのバレエ学校に在校中とあるのを見ました。
まだまだ若いうちから海外へバレエ留学ともなると、かかる金額もハンパではないと思うので、家庭環境も大きく影響するんだろうな~と思います。
とはいえ、日本で頑張っている人達もいますケドね。
入賞した男性お2人は英国ロイヤルバレエを目指しているとか‥。熊川さんに続いて頑張って欲しいです!

おっ、まっとしさんもFBとTwitterデビューですか?
「必要があって」との事なので、やりたくてやっているのではなさそうですが(^^;)
私はどちらもやっていません。
やっている暇がないというのもあるし、何だか面倒臭くって‥。
FBに至っては繋がりたい友人とはメール等でやり取りしているので十分だし、Twitterは呟いているヒマもフォローしているヒマもないかな‥と思ってます。
いや、やろうと思えば出来るんでしょうけれど、何だかフリータイムが全てそれに染められそうな気がして怖いんですよね(苦笑)
なので、初めからやらないのが私には合っていそうです。
まっとしさんは自己管理能力が高そうだし、適度な利用で済みそうなので、それは安心でしょうかネ?
Translation(自動翻訳) 横型エキサイト版
黒ねこ時計 くろック D04
プロフィール

まっとし

Author:まっとし
一応ゲイやってますが
ひとりの人として
日々感じる事をダラダラ書いてる
カナダ生まれのQuarterです
今は神戸に住んでいます
日本語OK
でも漢字は苦手(^^ゞ

2013年3月14日に
17年間一緒にいて
家族とも思っていた元野良猫の
「ニャンコ」を
腎不全からの尿毒症で
たった2日で呆気なく亡くし
ちょっと寂しいですが
お隣が捨てた半野良ネコの
「トラ美ちゃん」が
訪ねてきてくれるので
その世話で気分が紛れていますねぇ(=^・^=)

「Twitter」や「Facebook」
などのSNSはやっていない為
「いいね!」とか「ツィート」等は
クリックできないのでご容赦下さい
<(_ _)>

22 Dec.2014 ブログ名変更

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ