ファストフード店の客は予習が必要なのか\僕を呼びに来るネコ


本日は「七草粥」の日ですね

元日から日中
ポカポカ陽気が続いていて
何だか妙な気分ですが
夜は冷え込んでいて
その寒暖差が大きくて疲れます
予報では明日は朝から雨らしい

世間では相変わらず
凶悪な事件や奇妙な出来事が
起こっているようですが
今年も早1週間が過ぎました
本当にアッと言う間でした
この調子で今年1年も
加速して過ぎていくんでしょうねぇ



駅前にリニューアルオープンした
「マクドナルド」に久方ぶりに
入ってみた


170107_4386明石PAPIOS内のマクドナルドVGA


僕はビッグマックとホットコーヒーで
400円のランチセットが欲しかったのですが
それは平日のメニューだと言うので
仕方なくレギュラーランチセットを注文し
ドコモポイントで支払おうとしたら
次はそれは3月からだと
素っ気無く言われたので
イラッとして「もうエエわ!」と店を出た
事前に詳しくチェックしていなかった
僕がいけないのですが
大抵そんな但し書きは
申し訳程度に
小さく書き添えられていて
目が行き届かない

それより僕をイラッとさせたのは
レジのアルバイトと思しき
女子の態度だったんですよね
僕がカウンターで数秒迷っていると
僕の後ろにお客さんが
待っていたわけでもないのに
今にも舌打ちしそうな態度で
眉間に若干シワが寄って
非常に醜く映った

ファストフード店の注文とりって
何故かお客が商品や注文の仕方を
熟知している前提のもとで
注文を受けているフシがあって
例えば不慣れな
年配のお客さんが
まごついていると
傍目からみても
不機嫌な表情を浮かべている
その顔が接客業に
あるまじきものだったので
僕の番ではないけど
ムカついた事が何度もある
同じ接客に携わる者として
何だか許せないんですよね
マニュアル通りの
形骸的な元気さや
笑顔の押し売りは
かえって鬱陶しいけど
せめて穏やかに接する事は
できないものだろうか
それさえも出来ないのなら
接客業には不向きだし
そんな人物を雇った企業側に
目がなかったのでしょう

マックに限った事ではないけど
ブラックなスタッフを作り出してしまう
雇用側のブラックな体質ってのもあって
スタッフがヤル気出せないのかもね
とも思う

無愛想で客をイラッとさせるレジなら
食券制とかタッチパネル制にした方が
人件費も節約できてよいと思う



近頃余り餌を食べないトラ美ちゃんですが
昨日考えるのが面倒になって
ネコ缶とカニカマと鰹節を
グチュグチュに混ぜてあげたら
熱心に食べていました
猫用のミルクも入れてあげています
本に贅沢なネコです

台所に立つ僕の足に
摺り付いてくるは
餌をねだっていると
思っていたのですが
どうやらいつもトラ美ちゃんが居る
PCの部屋に早く来いと
催促しに来ているようです
そこにはトラ美ちゃんの寝床もあって
僕が一緒に行くと得心するのか
寝床で丸くなったり
僕の股ぐらに割り込んできて
寝ています


170107_4387股の間で寝てるトラ美ちゃんVGA


もうオバサンなのに
まだ“ねこ可愛がり”されたいらしい
(≧m≦)ぷっ



---------------20:48


スポンサーサイト

テーマ : 接客
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

fleurさん へ

こんにちは
コメント有難うございました
明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願い申し上げます

今日の神戸は冷たい雨

僕の中で「マック」は
「安かろう・悪かろう」の
典型的なファストフード店なので
時間潰しや、チョット休憩に入るくらいで
主に朝マックでせいぜい不味いコーヒーや
生ごみレタスの100ハンバーガーを
注文する程度で500円ランチでも
お金払うのが勿体無い印象です
安物の店では安物しか注文しません

今回遭遇したレジ女子も
思えばアメリカのマックなどは
愛想の一つもなく
並んでいる客に
アゴで「NEXT!」と
指示しているくらいなので
まぁ教育もアメリカナイズ
されてきているのかも知れませんね(^^;
って言うか日本は少々
サービス過剰な面があって
安い商品にも一流ホテル並みの
接客を要求するのが当然となって
それもどうかと思いますけどね
そのツケは従業員の待遇に
反映されていくので
働く側も「やっとられん!」
って感じで質が落ちていくのでしょう
ただ「郷に入れば郷に従え」
の諺にもあるように
日本人としてのホスピタリティを
忘れてはどんな店も
いずれ廃れていくように思います

トラ美ちゃんは
一日トータルでは
そこそこ食べてはいるようです
飽きがこないように
工夫するのが大変です
猫のフツーの牛乳をあげると
含まれている乳糖がうまく分解されず
お腹を壊し易いと言われていますし
授乳期の子猫にとっては
牛乳は栄養不足なんだそうです
ヤギのミルクが良いと言われています

トラ美ちゃんは
寒くなってくると
ベタベタ度が増してきたようです
ヾ(=^・・^)

No title

新年初のコメントです。
今年もどうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m

マックのお話(関西だと『マクド』なんでしたっけ?関東だと『マック』なんです)、読んでいて情景がまざまざと浮かんで来て、ムカムカしてきました。
私は滅多にファーストフードは食べないんですけど、マックっていつも店員がせかせかしているというか、接客に余裕無さそうなので、慣れていないこちらとしては焦ります。
ちなみに400円のランチセットが平日限定だとも知りませんでした。ケチ!
一時の低迷を抜け出したかと言われているマックですけど、まずは接客から見直せ!ですよね。
私だったら気が弱いので、カチン!と来てもそのまま注文を続けてしまいそうですが、お店を出たまっとしさん、アッパレです!
二度とこんなコトで食べるかって思いますよね。私は元々マックに好意的ではなかったので(高いのに味はイマイチ)、益々足が遠のきそうです。
各ファーストフードの接客ランク付けでもしたら面白そうです。
でも本当にあんなんじゃ、高齢者なんかは怖くて注文出来ないですよ。
それこそ食券販売にすれば、プレッシャーなく商品を選べて間違いもなくて良さそうなのに。
ついでに人件費削減だって出来てイイですよね。

トラ美お嬢様の食が細くなったと聞いて心配でしたが、それでも物によっては召し上がって頂けるんですね(笑)。
取りあえず良かったヨカッタ。
猫用のミルクなんてあるんですね!ウチでネコを飼っていた頃(かな~り昔)はそんなのは無かったと思います。
ペット産業、恐るべし。
やっぱり人間さま用のミルクだとネコには良くないんでしょうかね。
まっとしさんにひっついてオネンネしているお嬢様、可愛いです。
お写真の左側に見えるのはまっとしさんの足?側にいてくれると安心するんでしょうね。
これから益々寒くなると思うと、ノラちゃん達が気になるところですが、トラ美嬢はシアワセですね(*^-^)ニコ

青空さん へ

こんばんは
ご訪問&コメント
有難うございます

仰るとおりです
人には色んな事情があって
今自分の前に立っている人も
色んな事情を越えて
そこに来たのかも知れません
今日の彼女もあと何年か生きてみれば
相手の立場を想像するくらいは
できるようになっているかも知れませんね

僕が残念に思うのは
若い世代に色んな想像をさせる暇も与えず
使い捨てのように扱う社会であり
「自由・平等」や
「格差のない社会」って言葉が
只のスローガンに
なってしまっているような
印象を受ける事です
「夢」や「希望」と言う言葉が
虚しく響きます
若いからと形のハッキリしない
色んな可能性だけを
押し付けるのは余りに酷で
今の若い世代は
今のオトナの姿を映す
鏡とも言えるように感じています
やはり世間を知っているオトナから
襟を正す必要がありそうです

No title

こんばんは

レジの態度の悪さ・・・こういう人たまにと言うかよく居ますよネ!
私も以前から同じ事を考えていました!
お年寄りや耳の不自由な方・・・また日本人に見えても他国の人や障害を持っている人(見た目は普通に見える)沢山の人に気持ち良く買って貰わないといけないですよネ!
私も偉そうな事は言えませんが・・・障害施設で働いて居る立場として!
たった一つのパンを買いに行くのにも勇気をもって行く人もいるのです。
やはり働いて居る立場であるならば・・・最低の基本は出来てないとね。

トラ美ちゃん 可愛いですネ! (*^▽^*)
Translation(自動翻訳) 横型エキサイト版
黒ねこ時計 くろック D04
プロフィール

まっとし

Author:まっとし
一応ゲイやってますが
ひとりの人として
日々感じる事をダラダラ書いてる
カナダ生まれのQuarterです
今は神戸に住んでいます
日本語達者
でも漢字は苦手(≧m≦)ぷっ!

2013年3月14日に
17年間一緒にいて
家族とも思っていた元野良猫の
「ニャンコ」を
腎不全からの尿毒症で
たった2日で呆気なく亡くし
ちょっと寂しいですが
お隣が捨てた半野良ネコの
「トラ美ちゃん」が
訪ねてきてくれるので
その世話で気分が紛れていますねぇ(=^・^=)

「Twitter」や「Facebook」
などのSNSはやっていない為
「いいね!」とか「ツィート」等は
クリックできないのでご容赦下さい
<(_ _)>

22 Dec.2014 ブログ名変更

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ