安倍・トランプ会談\「神戸市文書館」の「神戸と難民たち」企画展\「新神戸CROWNE PLAZA」のE\「阪急ベーカリー&カフェ」\猫の運


今朝はコートが要るくらい
冷え込んでいたのに
日中は少し動けば
額に汗が滲むくらいの陽気で
体が迷ってるって感じ
今ベランダに出たら
寒くはないけど
しとしと雨が降っていました
明日は雨かな



安倍首相とトランプ次期アメリカ大統領は
無事ファーストコンタクト終えたようですね
ニューヨークのトランプタワーの
どこかしらで会って45分の予定の会談が
1時間40分まで延長されたとか
トランプさんの私邸にも招かれたようです


161118_トランプ次期大統領と安倍首相の会談 AAkrcCk VGA


何だかこの部屋
アラブの大富豪のように
金ピカの成金そのものですよね
まぁ政治の話よりも
トランプさんの自慢話でも
聞かされて安倍首相も
一生懸命ヨイショしていたんでしょ

お嬢さんのイヴァンカさんと
その旦那さんの
ジャレッド・クシュナーさんも
も同席していたとかで
この人達はトランプ政権の
人事に関わってくるんでしょうね
実務的な折衝はイヴァンカさんと
した方がいいかも知れません

政治家ってにこやかに握手していても
狐と狸の化かし合いで
何考えているか解らない
そんあ神経戦を
楽しいと感じる人種なのでしょう
僕には無理だな
トランプさんって多分
銭の損得勘定しか
出来ないような気がします(´m`)クス



出先で時間ができたので
明日で終わる「神戸市文書館」
「神戸と難民たち」企画展を観に
新神戸まで行きました
結構通っている道なのに
こんな所に「神戸市文書館」が
あるとは知りませんでした
( ̄。 ̄)ホーーォ。
それも三宮行きのバス停のまん前に
建っていたんですョ
割と小ぢんまりした建物でした


161118_4313神戸市文書館「神戸と難民たち」企画展VGA


玄関横の企画展の看板


161118_4312神戸市文書館「神戸と難民たち」企画展・ポスター縦VGA


建物の内部
小さいながら蔵書が
ぎっしり詰まっていました


161118_4308神戸市文書館「神戸と難民たち」企画展・展示室VGA


展示物の一部


161118_4309神戸市文書館「神戸と難民たち」企画展・展示写真の一部VGA


主に第二次世界大戦が勃発し
ナチスドイツの迫害から逃れ
命からがら神戸にたどり着いた
ユダヤ人と神戸市民との交流の記録でした

僕は手塚治虫さんのコミック
「アドルフに告ぐ」や
ヨーロッパで迫害を受け
逃げ場を求めて当時
在リトアニア日本領事だった
杉原千畝さんの元へ押し寄せた
多勢のユダヤ人に
日本への「命のビザ」と呼ばれた
通過ビザを外務省の命に背いて
発給し続け「日本のシンドラー」と呼ばれた
彼の苦悩を綴ったミュージカル「SEMPO」
彼を描いたテレビドラマなどを観て
当時のユダヤ人と神戸の関係に興味があった
文書館には日本にたどり着いた
ユダヤ人の貴重な手記などを
観る事ができて当時が偲ばれた
とりわけ「神戸ユダヤ人協会」や
避難民を迎え入れた日本人との
微笑ましい交流なども綴られていて
あの悲惨な戦争が現実のものであったんだと
改めて思い知らされた気がしました

戦時中、現在の神戸異人館街になっている
山本通りで道を挟んだ向かい合わせに
ドイツ人とユダヤ人が住んでいたらしく
ドイツが勝つとドイツ人側が大歓声で
連合国側が勝つとユダヤ人側が
ドンチャン騒ぎで
互いに反目し合っていたそうです
ドイツと同盟を結んでいた大日本帝国としては
ドイツが駆逐しようとしているユダヤ人を
よりによってヨーロッパから
日本へ逃がすビザを発給するなどとは
杉原千畝さんはお上たてつく
反逆者だったのでしょうね


更に日本とトルコとの
親密な交流の元になった
トルコ艦船「エルトゥールル号遭難事件」の
顛末を神戸芸術工科大学の学生が
紙芝居として描いた絵を
ビデオにして放映すると言うので
拝見した


161118_4310神戸市文書館「神戸と難民たち」企画展・エルトゥールル号遭難事件のビデオ放映VGA


嵐に遭い和歌山沖で沈没し
住民が危険を冒して
救助した話は知っていたけど
それと神戸がどう関係あるのかと
ビデオを観ていると
救助されたトルコ人乗組員を移送して
治療したのが神戸の地で
実際乗組員が日本の艦船に乗り
故国に戻ったのが神戸の港かららしい
知らなかったなぁ~
帰国の前には神戸で洋服や
軍服をしつらえたのも
神戸のテイラーだったそうです
いやぁ~勉強になりました

係の方にすごく丁寧な対応をして戴いたので
帰り際に「貴重な資料を見せていただいて
有難うございました」と礼を述べると
立ち上がってお辞儀されたので
こちらが気を遣ってしまった(^^;


今日偶然にも
「命のビザ」を発給した
杉原千畝さんの奥さんが
病床で書いたとされていた
遺産にまつわる遺書の内容について
四男が長男夫妻を相手取り
無効の訴えを東京地裁に起こし
認められたとか言うニュースがあった
( ̄~ ̄;) ウーン・・
これも現実ですかね



通りがかった近くの
「新神戸ANA CROWNE PLAZA HOTEL」
元の「新神戸オリエンタルホテル」です


161118_4314「新神戸 ANA CROWNE PLAZA HOTEL」縦VGA


通常「冠」を指すのは「CROWN」ですが
敢えて「CROWNE」と「E」を付け足しているのは
より丁寧さを表す為だそうです
ホンマかいな (¬д¬。) ジーーーッ



午後3時過ぎに
遅いブランチを
久々に「阪急ベーカリー&カフェ」
で戴きました


161118_4315本日の遅いブランチ・阪急パン&カフェ「2パンセット」365円VGA


好きなパン2個とドリンク付きで
365円なんですョ
ボリュームがあって安い!
ついでに7個ほど
買って帰りました



帰りのバス停の
花壇の茂みで
先日書いた子猫達を
また見つけました
よくよく見ると
水を入れた容器が
置いてあったので
ひょっとして誰かが
世話しているのかも知れません
僕が写真撮ろうと近付くと
慌てて逃げてしまったけど
後を目で追うとどうやら
朽ち掛けた木箱の中を
ねぐらにしているようでした


161118_4316バス停で見掛けた子猫達VGA


写真には写っていませんが
茶トラの子猫が一匹います

そう言えばお隣の奥さんが
トラ美ちゃんをバス停で
拾ってきたと言っていたので
丁度こんな感じだったのかも
知れませんね
拾ってきたなら最後まで
面倒みろよ!って気がしますけどねぇ

この子猫達の母猫は
今日も見当たらなかったので
ひょっとして人目につくバス停に
捨てられたのかもなぁ・・
僕が拾ってもとても里親探しできないし
かと言って飼えないし
胸が痛いです

そのバス停で拾われた後
捨てられちゃった
気の毒な茶トラ猫は
こんなに大きく
ふてぶてしくなりました(≧m≦)ぷっ!


161118_4318ホット座布団の上のトラ美ちゃんVGA


出入り自由の
食い放題飲み放題
まぁあんな大声で怒鳴ったり
叩いたりされる家に捨てられて
結果良かったのかも
知れませんね
これもこのネコが持っていた
運なのかな
前に飼っていた「ニャンコ」も
前日通りかかった路地の奥で
鳴いている子猫を発見したけど
「ごめんなぁ、うちは飼えないだよぉ」
と申し訳なくその場を離れたのに
次の日の夜僕が仕事から帰って来ると
何故かドアの前で待っていたし
誰かが置いたのかも知れないけど
まっこれも何かの縁か
と思って家に入れてから17年
やっぱ「縁」ってあるのかもね
「ニャンコ」が急逝してからは
もう動物の世話するつもりは
なかったんですけどねぇ

トラ美ちゃんは
叩かれていたんだろう思える
トラウマが残っているのか
撫でてやろうと
不用意に頭に手を持っていくと
殴られると感じるのか
マジ噛みされて
手が傷だらけになるのが
チト困る



---------------23:23


スポンサーサイト

テーマ : 日々の中で・・
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

ザ・貴腐人さん へ

こんばんは
お久しぶりです
コメント有難うございます

ロシア船の座礁
そんな事も書いていたように
思います

日本人の人の好さが
現在の尖閣や竹島問題に
表れていそうですね
北方領土問題は
ちょっと異質な気がしますが
性善説の国民性って
今の世の中
通じないかも知れないのが
ちょっと悲しい気がします

人種や民族
宗教での対立って
日本人には実感として
理解し難いかもですね
今の日本人は
もっと些細な事で
差別しあってるけど


No title

今晩は

確か ロシアの船も座礁して 沼津だったか三島?
あたりの伊豆の人達が助けて 船まで作って
送ってあげたんですよね。
ロシアの軍艦「ディアナ号」だわ・・多分

だから ずっと 伊豆の人とロシアは交流が
あったのですよ。
日本人も ほんと 人がいいわ^^;

トルコも 以前はよかったのですが
今は 大変そうです 治安も経済もよくない。
家族は トルコ人と 友達ですが 一人はトルコ人で
もう一人はクルド人なんですよねえ・・なかなか
人種の問題は 難しいみたいです。
Translation(自動翻訳) 横型エキサイト版
黒ねこ時計 くろック D04
プロフィール

まっとし

Author:まっとし
一応ゲイやってますが
ひとりの人として
日々感じる事をダラダラ書いてる
カナダ生まれのQuarterです
今は神戸に住んでいます
日本語OK
でも漢字は苦手(^^ゞ

2013年3月14日に
長年一緒にいて
家族とも思っていた元野良猫の
「ニャンコ」を
腎不全からの尿毒症で
たった2日で呆気なく亡くし
ちょっと寂しいですが
お隣が捨てた半野良ネコの
「トラ美ちゃん」が
訪ねてきてくれるので
その世話で気分が紛れていますねぇ(=^・^=)

「Twitter」や「Facebook」
などのSNSはやっていない為
「いいね!」とか「ツィート」等は
クリックできないのでご容赦下さい
<(_ _)>

22 Dec.2014 ブログ名変更

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ