大阪四季劇場で「CATS」を観てきました


今日も暑かったですねぇ~
神戸の最高気温は
昨日よりも高くて
33.7℃もありました
そして大阪市の最高気温は
35.8℃だって
神戸は海が近いから
まだ涼しい方ですね



今日は友人から
誕生日祝いにとプレゼントされた
劇団四季・大阪公演「CATS」
を観てきました
いやはや今日の大阪は
気温も劇場内の熱気も熱かった
劇団四季は久しぶりです

遅れてはいけないと
考えもせずに早めに出ると
2時間近くも早く着いてしまい
仕方ないのでこれまた久々に
マクドナルドでモーニングプレイト


160730_4088大阪駅西口の「マック」モーニングプレイト500円VGA


マックで500円も払うのも
久々だぁ(^^ゞ
スクランブルエッグは
割りと美味しかった


他所で時間潰すのも面倒だったんで
「大阪四季劇場」の入る
「ハービスエント」内を探検しました
ここって「ヒルトンプラザ」と
連絡しているんですが
店を詳しく見て回った事がないので
ちょっと散歩がてらに・・

「ハービスエント」の出入口から
既に「CATS」一色

地下出入口


160730_4098大阪・劇団四季劇場(ハービスエント)地下出入口VGA


1階出入口


160730_4090大阪・劇団四季劇場(ハービスエント)1階出入口VGA


エレベイターから眺めた
JR大阪駅や梅田スカイビル界隈


160730_4099ハービスエント・エレベイターから大阪駅・梅田スカイビル方面を望むVGA


7階「大阪四季劇場」
エレベイター前


160730_4093大阪・四季劇場エレベイター前VGA


ロビーのモニターと広告“箱”
皆さんはこの“箱”の前で
記念撮影しているようですョ
僕もお願いされましたが(^^;


160730_4101大阪・四季劇場ロビーVGA


チケットゲイト
いよいよ開場です


160730_4102大阪・四季劇場チケットゲイトVGA


「大阪四季劇場」内
売店とギフトショップ


160730_4103大阪・四季劇場内の売店・ギフトショップVGA


本日のキャストボードと
左側に開いているのが
劇場の出入口のドア
ここから中に入ると
緞帳なしの舞台飾りが見えます


160730_4104大阪・四季劇場内のキャスティングボードと劇場内出入口ドアVGA


本日の僕の席
なんと、なんと
センターパート最前列の
一番左の席です
僕は出入りする度に
「ちょっとスミマセン、ちょっとスミマセン」と
言わなければいけない
中ほどの席より端の席の方が気が楽


160730_4105大阪・四季劇場内の座席表VGA


いわゆる「かぶりつき」ですが
この席、舞台との間は1mちょっと
すぐ左サイドは「CATS」達が
滑ってくるスロープになっていて
50~60cm程度の隙間しかない
僕が座っていても他の観客が
野良猫が生活しているゴミ捨て場の
緻密な舞台セットを見物するのに
次々前から横を抜けていくので
スカートやズボン
公演中は「CATS」の尻尾などが
バンバン当たるんです
ちょっと迷惑な席かも~~
舞台セットは一見の価値ありますね

最前列の席は
チケット取りの上手い友人に
何度取って貰った
事がありますが
役者さんの汗や息遣いまで
リアルに見聞きできるし
歌声がピンマイクを通してより
ほぼ生声の方が勝っているので
何だか妙な感覚です
それにこの「CATS」は
役者が頻繁に客席に
下りてきたり
逆に観客を舞台に上げて
一緒にダンスする場面もあるので
結構客席も盛り上がります

ミュージカルとは言え
殆どの時間激しいダンスと
バレエのナンバーなので
役者の皆さんは
一回の公演を終えると足が
ガクガクになるんじゃないかと
心配になる程です

彩色されているとは言え
ピチピチのタイツを着けているので
体のラインがクッキリ出て
余り前に来られると
目のやり場に困りますよぉ(^^;
いや~やっぱ最前列と言うのは
舞台全体が見渡せないし
埃っぽいし
役者さんと目が合うと
ドギマギするし
どうも落ち着きません
(T▽T)アハハ
ラム・タム・タガーは
本場並みに
もっと腰をエロく
振り回して欲しかったかも(´m`)クス

一幕と二幕の間の
休憩時間には
観客が自由に
ステージに上がって
舞台セットを見学する事ができる
ステージツアーが催されていました
♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!
友人曰く以前は役者さんの
サインも貰えたようですが
余りにパニック状態になるので
中止になったようですね

内容は初期のウエストエンドだか
ブロードウェイだかとは
かなり違っているようで
リニューアルされたのか
別物と考えた方が
良いような気がしました
展開が速すぎて
多分予めストーリーを知っていないと
何が何だか解らないように感じました
肝心の落ちぶれた娼婦猫の
グリザベラが何で再生を与えられる
「ジェリクルキャッツ」に選ばれたのかも
曖昧ですがグリザベラが歌う
「Memory」には何かの
魔法がかかっているのか
いつ聴いても知らず涙が頬を伝っています

役者さんの一生懸命さを
一番前の席で
受け取ることが出来て
辛そうだけどこんな仕事も
いいかもって思いました
皆さんも機会があれば
是非観に行ってみて下さい

素晴らしい時間を
過ごさせて貰った友人には
感謝、感謝です(^O^)/



-----------------22:14


スポンサーサイト

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ゆずのあーちゃんさん へ

こんばんは
コメント有難うございます

イイでしょ~
「CATS」を最前列ですョ
 ̄m ̄ ふふ
でも僕は「劇団四季」の
メイジャーな演目の中で
「CATS」だけは
まだ観ていなかったんです
ウエストエンド版を
観ているので
まぁいっかと特に
興味も無かったんです
けど友人が誕生日祝いにと
チケット取ってくれたんで
行ってみる事にしました
いや~最前列は
役者さんの表情や息遣いまで
手に取るように見聞きできますが
ちょっと近過ぎて
首が痛くなるし
埃っぽいです(^^;

それに他の観客が
舞台セットを覗くのに
僕の席の前や横を無遠慮に
行き来するので
かえって僕が
小さくなっていました
幕間のステージツアーも
恒例なんでしょうが
前や横をすり抜ける時
「すみません」の一言くらい
言えよなって
(○`ε´○)プンプン!!でした

まぁ色んな意味で
貴重な体験させて戴きました
(⌒▽⌒)アハハ

ヨミトさん へ

こんばんは
お久しぶりです
コメント有難うございます

ホントホント
最後の大合唱は
鳥肌モノでした
ひょっとして人が亡くなる時も
この世とあの世の境で
こんな大合唱で
出迎えられるのかなぁと
考えていました

マジシャン猫の
ミストフェリーズは
今回一色龍次郎さんが
演じていましたが
体操やバレエの経験者でないと
こなせない役柄ですね
それとも鍛錬の賜物なんでしょうか
だとしたらやっぱスゴイ!

けどあれは
ミュージカルと言うより
ダンスナンバーの方に
近いかも

No title

いいなあ!羨ましいです。
もう一度みたいです!
私、観に行った時 幕の間に子供さんたちが
サインもらったり、あめちゃんもらったりしてしてはって。
まだ、若かったワタシ…
いく勇気なくて…なくなってしまったんですね。
もったいない事しちゃったな…

No title

キャッツに会いに行っていたんですね。しかも特等席で…うらやましいです。
僕は以前仙台でキャッツを初観劇しました。時空を超えて、その時の興奮が伝わってくるようでした。
「メモリー」やはり泣けてきます。ネタバレするから書かないけど、あの結末でよかったんじゃないかなーと。あと個人的には手品猫のミストフェリーズのアクロバットなダンスとオールドデュトロノミーが率いて全員で歌う大団円の合唱にも鳥肌が立ちました…こちらも天上に昇らせてあげたいかな…
語り出すといつまでも続く「キャッツ」談義ですので、よかったらまた…
今宵は猫ちゃんたちと、いい夢をご覧ください。
Translation(自動翻訳) 横型エキサイト版
黒ねこ時計 くろック D04
プロフィール

まっとし

Author:まっとし
一応ゲイやってますが
ひとりの人として
日々感じる事をダラダラ書いてる
カナダ生まれのQuarterです
今は神戸に住んでいます
日本語達者
でも漢字は苦手(≧m≦)ぷっ!

2013年3月14日に
17年間一緒にいて
家族とも思っていた元野良猫の
「ニャンコ」を
腎不全からの尿毒症で
たった2日で呆気なく亡くし
ちょっと寂しいですが
お隣が捨てた半野良ネコの
「トラ美ちゃん」が
訪ねてきてくれるので
その世話で気分が紛れていますねぇ(=^・^=)

「Twitter」や「Facebook」
などのSNSはやっていない為
「いいね!」とか「ツィート」等は
クリックできないのでご容赦下さい
<(_ _)>

22 Dec.2014 ブログ名変更

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ