真夏の空と満月\ネコの気まぐれ\大橋巨泉さんの訃報\魚が降ってきたって


今朝カーテンを開けると
既にピーカン晴れで
蝉が盛大に鳴いていた
(゜ロ゜;)エェッ!?
蝉の鳴き声を意識したのは
この夏初めてじゃないかなぁ
一斉に羽化したのかもね

今日は陽射しが強かったぁ!
神戸の最高気温は32.3℃で
近畿では奈良県風屋の35.2℃
全国では岐阜県多治見の35.6℃が
最高だったようですが
京都市街地で大人の目の高さの
実際の気温を計測したら
40℃超えていましたよぉ!
そりゃ熱中症にもなりますよねぇ

神戸は割りとカラッとしていて
風も吹いていたので
日影に入るとまだ過ごし易かったです
でもやっぱ街中での問題点は
石版タイルやコンクリート
アスファルトなどの足元からの
熱い照り返しだなって感じた
地面を全て土や芝生に替えると
街の気温は随分
変わるだろうなと思いました



部屋の中の
「ひんやりマット」を敷いてあげてる
「キャットハウス」には見向きもしないのに
ベランダに置いてあるダンボール小屋で
涼んでいるトラ美ちゃんです
まぁ元々はトラ美ちゃんの為に
北と南のベランダに
置いてあるダンボール小屋なんですけど


160720_4061ベランダのダンボール小屋の奥で涼むトラ美ちゃんVGA


ネコは狭い場所が好きだと思うのに
トラ美ちゃんは逆に苦手なのかもねぇ
┐('~`;)┌



今夜は満月です
早いうちから
まるで「十六夜」の月のような
黄色くとろんとした月が
覗いていました
いつかベランダに
折りたたみ式ベッドを出して
寝袋に入りながら
一晩中星月を眺めてみたいと
思っています



お昼のニュースで
大橋巨泉さんの訃報が流れていた
今月12日午後9時29分
急性呼吸不全の為亡くなっていたらしい
僕の中では随分昔の方
だと言った印象なのですが
まだ82歳だったんですねぇ
ガンとの闘病生活を送っていた事は
知っていたけど
最後はやっぱり死んじゃうだなって思った
奥さんは
「モルヒネ系の鎮痛剤の
 過剰投与による影響も大きい」と
医師の処置に疑問を
投げかけているようですが
その事実関係は兎も角
82歳と言えば昔で言うと
とうに寿命が尽きていた年齢
「ガン」になる前に大抵の人は
亡くなっていたのかも知れない

今の時代
高齢者が亡くなっても
必ず何らかの病名が付けられる
僕が知る限りにおいて
一番多いのは「肺炎」です
いまだに解らないのが「心不全」
死ぬ時って「心肺停止」になるんだから
「心不全」は当然と言えば
当然だと思うけど・・
徐々に弱っていくのではなく
「急性心不全」って事なんでしょうね

殆どの方は病院で亡くなるのですから
直接であっても間接であっても
「死因欄」には何らかの病名が
記入されますが
ごく稀に「老衰」と書かれてある
診断書を目にする事があり
亡くなる事は悲しい事ではあるけど
「老衰」と書かれる方は
逆に幸せな最期かもなぁと
ぼんやり考えていました



神戸新聞に
昨日淡路市佐野新島の
「淡路佐野運動公園野球場で
行われていた
「第98回全国高校野球選手権大会兵庫大会」の3回戦
龍野北-川西北陵の試合中
空からグラウンドに魚が落下してきて
試合が3分間中断すると言う
ハプニングがあったと書かれていた
オオーw(*゜o゜*)w
記事によると
大きさは約20cmくらいの
「グチ」と言う魚だそうで
海に近い球場である事から
上空を飛んでいた鳥が
落としたのではないかと
推測されているらしい
( ̄。 ̄)ホーーォ。

1匹程度ならそうとも解釈できるけど
どこか忘れましたが
前に大量のオタマジャクシや
魚が空から降ってくると言う“事件”が
ありましたよね?
アレって原因が解明できたのかなぁ
竜巻で巻き上げられたものが
落ちてきたのではないかと
言われていたように思うけど
本当なのかなぁ
「X-ファイル」みたいで
興味津々なんだけどぉ(^^;
真相やいかに・・



-----------------22:46


スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

ゆずのあーちゃんさん へ

こんばんは
コメント有難うございます

故人が確か80歳だったかを超えた年齢だと
「大往生」「これまでよく生きた」と
紅白饅頭を配る習慣がありますが
確かにその年齢まで
生きられたのは「奇跡」に
近いことかも知れません
特に昨今は物騒な事件も
多いですしねぇ
紅白饅頭は勿論
「死んでよかった」
と言う意味ではなく
個人の運と生命力
そして関わった人達に
与えてきたものに対する
お祝いやお礼と言った意味が
含まれているように思います
が、やはり心情的には
今まで一緒に居た人が亡くなる
欠けてしまうのは
いつの世も悲しいものだと
僕は思います
よく遺族を慰めるつもりで
「ここまで長生きさせて貰ったんだから・・」
と言う人がいますが
僕はそれはやはり間違いだと思います
最後にはそう割り切らないと
いけないとしても
悲しいものは悲しい

病院でありきたりな
病名付けられて
事務的に死亡診断書書かれ
処理されるよりは
「老衰」と書かれた方が
その人の人生の最後に
幸せな彩を添えられるようで
僕は有り難いような気がします

ひいおばあさんも
天寿を全うし
そのご褒美にお迎えが来て
苦しまずに現世と
お別れできたのなら
幸せな一生だったと
言えるかも知れませんね

No title

ウチのひぃばば。
99歳で亡くなったんですが…

朝ご飯食べようかって、席ついたときに
「きゅーっ」って声出して、ポックリ…

その時大往生って、意味わからなかったんですが…
お葬式、おじいちゃん以外は笑ってたの思い出しました。
Translation(自動翻訳) 横型エキサイト版
黒ねこ時計 くろック D04
プロフィール

まっとし

Author:まっとし
一応ゲイやってますが
ひとりの人として
日々感じる事をダラダラ書いてる
カナダ生まれのQuarterです
今は神戸に住んでいます
日本語OK
でも漢字は苦手(^^ゞ

2013年3月14日に
17年間一緒にいて
家族とも思っていた元野良猫の
「ニャンコ」を
腎不全からの尿毒症で
たった2日で呆気なく亡くし
ちょっと寂しいですが
お隣が捨てた半野良ネコの
「トラ美ちゃん」が
訪ねてきてくれるので
その世話で気分が紛れていますねぇ(=^・^=)

「Twitter」や「Facebook」
などのSNSはやっていない為
「いいね!」とか「ツィート」等は
クリックできないのでご容赦下さい
<(_ _)>

22 Dec.2014 ブログ名変更

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ