本日1-2 戻ってきた靖国神社トイレ爆破容疑者\手荒な強盗やスリ、置き引き犯


今日は日中良い天気でした

本日も書いているうちに長くなってしまったので
2部構成にさせて戴きます
すみません <(_ _)>



   ↓今朝の逆光の中のトラ美ちゃん

   151209_3651逆光の中のトラ美ちゃんVGA


近頃は僕が家にいる間中
ホット座布団のスイッチは
入れっぱなしでヌクヌクです



11月23日
靖国神社の公衆トイレが爆発し
天井に穴が空いた事件で
容疑者として浮上した
27歳の韓国人男性は
事件当日既に日本を
出国したとされていたけど
その男性が今日はどう言うわけか
なた日本に入国し
空港で身柄を拘束された

日本と韓国とは
「犯罪人引き渡し条約」を結んでいるけど
「政治犯」は除外されると言う事で
日本に対する犯罪は
“反日無罪”とされるばかりか
逆に英雄視されるケースが
相次ぐ韓国では
反日の象徴とされている
靖国神社に対する犯罪なので
今回も“政治犯”として
身柄引き渡しを拒否する可能性が
濃厚とみられていたにも拘わらず
逮捕されると知りつつも
再度日本に入国したのは
政治的な力が働いたのではないかと
推測されているようです
そっちの方が興味あるなぁ~
韓国大使館などが弁護士の手配など
サポートするみたいですョ

報道によるとその男性は
2009年12月に韓国空軍に入隊し
情報通信部隊に所属
2015年3月に除隊したそうで
2015年9月までは韓国中西部にある
群山市のワンルームマンションに
住んでいたようです
本人は「わからない」と
容疑を否認しているようだけど
「わからない」って否認になるのかなぁ
それに日本の警察は
“正当な理由なく靖国神社内に侵入した”として
「建造物侵入容疑」と言っているようだけど
爆破されたトイレは“公衆トイレ”じゃなかったっけ?
通常一般参拝者が出入りしないような場所ならともかく
爆破されたのが公衆トイレなら
「建造物侵入容疑」はちょっと
解せないような気がするけど・・



連続で信号待ちしていた車が
後部から追突され
運転手が外に出た際に
後ろの車からもう一人が出てきて
追突させた車に乗り込んで
乗せてあった現金もろとも
車を奪い去ったと言う事件が発生したようです

7日午前11時半頃
北九州市小倉南区の路上で
信号待ちしていたガソリンスタンドの
パート勤務の女性の車に後部から衝突し
車内に置いてあった各ガソリンスタンドの売上金
960万円ごと車が奪い去られた事件

それに8日午前2時過ぎ
愛知県岡崎市の国道1号線で
信号待ちしていた人材派遣会社を経営する
59歳の車に同じように後部から追突し
男性が社外に出た隙に追突した車の
助手席に乗っていた男が前の男性の車に乗り移り
売上金約400万円を乗せていた車もろとも
強奪されると言う事件が起きた

何かやり口が似過ぎていません?
別にも後ろから服に液体を掛けて
別の人がそれに気付いたフリで
タオルを差し出し拭いている間に
下に置いたバッグが盗まれると言う
事件も起きています
これなどは外国で日本人が遭う被害の
典型的パターンですね

日本国内でもこれら外国人が
よく使う手口が横行し出したようで
衝突事故などは“狂言”でないとすれば
外国人の仕業か
外国人の手口を模倣した日本人か
いずれにせよ師走に入ると
お金が動く上に気もそぞろになり
注意散漫にも陥りやすいので
スリ、置き引き、空き巣、強盗など
自分にも起こり得るものとして
充分に注意しましょうね


-----------------------22:47


スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

Translation(自動翻訳) 横型エキサイト版
黒ねこ時計 くろック D04
プロフィール

まっとし

Author:まっとし
一応ゲイやってますが
ひとりの人として
日々感じる事をダラダラ書いてる
カナダ生まれのQuarterです
今は神戸に住んでいます
日本語OK
でも漢字は苦手(^^ゞ

2013年3月14日に
17年間一緒にいて
家族とも思っていた元野良猫の
「ニャンコ」を
腎不全からの尿毒症で
たった2日で呆気なく亡くし
ちょっと寂しいですが
お隣が捨てた半野良ネコの
「トラ美ちゃん」が
訪ねてきてくれるので
その世話で気分が紛れていますねぇ(=^・^=)

「Twitter」や「Facebook」
などのSNSはやっていない為
「いいね!」とか「ツィート」等は
クリックできないのでご容赦下さい
<(_ _)>

22 Dec.2014 ブログ名変更

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ