喪中葉書


日中はいい天気でしたが
予報通り夜になって雨が降ってきました
一晩中降り続く雨のようです



年賀状を書き始める時期なると
毎年決まって何通かの「喪中葉書」が届く
顔見知りの方、知らぬ方
そこに記されている名を目にし
驚いたり悼んだり・・
その方の在りし日の姿に
想いを重ねる


   睡蓮mini_IGP8293_640x424


昨夜も郵便受けを覗くと
何が良かったのか
遠くの農家に嫁いだ
歳の離れた従姉弟からの喪中葉書
親戚の従姉弟は近年
体を壊していたので
一瞬その従姉弟が
亡くなったのかと思い
慌てて文面を読み返すと
亡くなったのは丈夫だったはずの
ご主人の方だった
それにも改めて驚かされた

気掛かりで今日電話してみると
8月もお盆を過ぎた日の午前中
作業に出掛けた田んぼで
息絶えていたところを
ご近所の方に発見されたらしい
今年の夏は特に暑く
そのせいか亡くなる数日前から
疲れやすくて時折胸がしめつけられる
と言うので病院で検査した結果
「異常なし」と言う診断を受けた翌日に
帰らぬ人となったそうな

救急車を呼ぶもその時は既に心肺停止で
手の施しようがなかったようで
警察が来て事件性が無いか調べ
神戸大学病院で司法解剖が行われたらしい

葬儀も四十九日の忌明けも
既に済んでいるので
取り敢えず急ぎお供えの品を買い
「御供え」として気持ちばかりのお金を添えて
従姉弟宛に送っておきました
改めて命あるものは
いつどうなるか判らない
一寸先は闇だと感じさせられました

公私に関わらず
喪中葉書が毎年届くと言うのは
日頃それだけお付き合いを
させて戴いているって事なのでしょうが
余り楽しいお知らせではないのは確かです



付き合いと言えば
僕には毎月何かしら
慶弔等イベントがあり
その出費は年間通すと
結構な額になると思う
ある程度の交際費を見越して
別にどけてはいるんですが
特に弔事に関しては
想定外の出費も多く
正直プライベイトな交際費にも
税金控除を適用して戴きたい
と思うくらいです(^^;
でも付き合いはお互い様だし
義理を欠く真似はできませんしねぇ
まして親の代の付き合いであれば
不義理な事して親の顔に
泥を塗るような事もできないし
なかなか割り切れない部分もありますよね


------------------------22:36


スポンサーサイト

テーマ : 人とのつながり
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

ザ・貴腐人さん へ

こんにちは
コメント有難うございます

従姉弟のご主人の
逝去の報せには
本当に驚きました
丈夫な方だったので
本当に命あるものの
一寸先は闇だなと
改めて感じさせられました
今日御供えの金品を受け取ったと
お礼の電話がありました
それにしても
なんだかなぁ・・です
やっぱやりたい事は先延ばしにせず
やりたい時にやるのが一番かなと

「同窓会」動画サイトで
ザッと観ました
皆さん若いのでビックリです
そりゃ22年前ですもんねぇ
結構ドギツイ台詞や表現などがあって
今放映されている「偽装の夫婦」
どころではありませんね
今も同性愛が
認知されているとは言えませんが
個人の「人権」に絡められ
公には如実な差別は少なくなりました
でも22年前は今よりも更に好奇な目に
晒されていただろうと思うのに
よくまぁプライムな時間帯に
放映できたもんだと感心しています
当時の西村和彦さん
“どストライク”です!(^^;
涙を浮かべナイフを喉に当てるシーンは
何か神々しくもありました(^・^)

No title

おはようございます v-22

従姉弟さんのご主人様は
お気の毒でしたね。

一寸先は闇で 人の人生って
わからないですよねえ・・。

あたしは 二十歳まで生きられないかもと
言われるくらい病弱だったのですが
まだ 細々?生きていて 元気だった 
従兄弟たちが 40代 還暦で亡くなっています。
本当に驚きました。そこそこ裕福なので子供たちは
大丈夫みたいですが・・。

流行大賞は 爆買と五郎丸と予想したのですが^^;

同窓会!懐かしいですねえ・・
あのテレビは なかなか衝撃で いまみたいには
オープンじゃなかったから。

当時は ゲイの友達も いろいろするのに 
場所取りが大変だと言ってました。
公共の施設も ゲイのサークルというと
貸し渋ることがあったんですよね。
今はそんなことしたら すぐツイッターやなにかで
言われちゃいますよね。
Translation(自動翻訳) 横型エキサイト版
黒ねこ時計 くろック D04
プロフィール

まっとし

Author:まっとし
一応ゲイやってますが
ひとりの人として
日々感じる事をダラダラ書いてる
カナダ生まれのQuarterです
今は神戸に住んでいます
日本語達者
でも漢字は苦手(≧m≦)ぷっ!

2013年3月14日に
17年間一緒にいて
家族とも思っていた元野良猫の
「ニャンコ」を
腎不全からの尿毒症で
たった2日で呆気なく亡くし
ちょっと寂しいですが
お隣が捨てた半野良ネコの
「トラ美ちゃん」が
訪ねてきてくれるので
その世話で気分が紛れていますねぇ(=^・^=)

「Twitter」や「Facebook」
などのSNSはやっていない為
「いいね!」とか「ツィート」等は
クリックできないのでご容赦下さい
<(_ _)>

22 Dec.2014 ブログ名変更

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ