滅びの意味とメカニズム


今夜は「十六夜」の朧月

本日は梅雨入りしたとは思えない
朝から爽やかな天気
洗濯物もよく乾いたでしょうねぇ

一昨日の深夜開いた
孔雀サボテンの花は
昨日雨で気温が低かった為
珍しく夜まで保ってくれて
今朝も萎れかけてはいるけど
なんとか花を見せてくれていました
(クリックで拡大)

   150604_3144今朝の親サボテンの蕾の元と孔雀サボテンのしぼみかけた花VGA縦


手前は親サボテン
特に名に興味も無かったので
長い間知らないまま世話してきましたが
調べるとどうも
「花盛丸(かせいまる)・エキノプシス・トゥビフロラ」
と言う種類のサボテンのようです
この親サボテンは我が家の最長老で
もう何十年生きているんでしょうねぇ
母が存命中は傷んできたら
茎をズバッと輪切りにして植え替えすると
切り口から根っこが生えてきて
また成長するんですよぉ
とても地球の生命体とは思えません
本当に生命力が強いサボテンです
この再生メカニズムを解明すると
不老不死の薬が出来たりしてね(^・^)

ポツポツ出てきているのは
蕾の元のようなものですが
これがそのままニョキニョキ伸びて
蕾になったり綿帽子のようなまま
そのうちポロリと落ちたり・・
そのメカニズムはよく解りません
こちらのサボテンは
乳白色の花を咲かせてくれるんですョ

子供がポコポコできる度に
鉢に植えているとベランダが
シャボテン園みたいになってしまい
もうスペイス的に限界なので
近頃は小さい時にちぎって棄てています
友人にあげたサボテンは花は咲かなくても
子供はイッパイ付いているそうで
分けて育てる気がなければ
親の養分を吸い取ったり
互いに棘で刺し合わないように
ちぎって棄てた方がいいョ?と言っても
可哀想だからできないと
子供をイッパイ付けたまま
放っておいているようです
どっちが可哀想なんだか┐('~`;)┌



今朝昨日とは反対側のベランダから
またネコの発情期独特の声が聞こえたので
ベランダから声のする方に目を凝らすと
昨日のサバトラ柄ではなく
茶トラで胸元が白いネコが
うろついていました
今度は鳴いているとこ見たので
間違いなく「犯猫」の一匹でしょう
一体何匹が流れてきているのか・・
また辺りの人間に危害を
加えられないとも限らないので
困ったものです

今朝のトラ美ちゃんはこちら

   150604_3145本日のトラ美ちゃんVGA

夏の毛に生え替わっている最中なので
家の中に抜け毛がイッパイ落ちて
掃除が大変です
胃に毛玉が溜まらないように
今は「毛玉サポート」の餌にしています



昨夜は半ばからではあるけど
久々に栗本薫さん原作の
「アニメ・グインサーガ」
をツラツラ観ていました
(観たのはYouTube版ではないですが)
原作の文庫本の方は
昔読んだ事ありますが
何せ100巻を超える大作なので
途中でしんどくなって諦めた為
本当の結末がどうなったのかは知らない
作者である栗本薫さんも亡くなったので
この作品も完結しているのかどうか・・
内容は、そうですねぇ
SF版三国志みたいなものかな
テーマが壮大過ぎて
一言では表し難いけど
僕的には面白いと思います

改めて観直してみると
定かではないですが
このアニメの声優さん方って
僕が今観てるアニメ
「黒子のバスケ」とWってる人多いかも(^・^)



昨夜と言うか今朝と言うか
真夜中に起き出して
夜空を見上げると
黄色く東の空に傾いていた月が
もう西側の空で白く高く輝いていた
昨夜の満月は
肉眼でもハッキリと
その模様までが見えていましたね

僕は満月を観ていると
いつも何かこう
時空の旅人になったような気がして
自分の過去や未来
そこで出遭ったものたち
出遭うものたちが
映画のフィルムのようにして流れ
頭の中に投影されるような感覚に陥る

一人きりの静寂な時間の中で

僕はどこから出で
どこに向かおうとしているのか
月の光がその途を
照らしているように感じる
ミクロの世界での生命の誕生や
終焉を目にするような
とても不思議な感覚です



実行しようとするか否かは別として
皆さんの人生において
多分一度や二度は
「死んでしまいたい」と
感じたと時があるかと思います

最近精神科の医師と話す機会があって
その医師に
「人は何かに絶望を感じると何故死にたいと願うのでしょう?」
と言う質問をしてみた
何かに絶望したからと言って
誰も彼も何かの約款に則るように
死を選ぼうとする事に不思議を感じたから

その医師は「う~ん・・」と暫く考え込んで
言葉を選ぼうとしていたけど
医師の口から明確な答えは
返ってこなかった
まぁ簡単に答えられる
テーマではないですよね

皆さんは不思議だと思いませんか?
人が絶望を感じる原因って
多種多様だと思うんですね
なのにその先に導かれる選択肢の中に
必ずと言っていい程「死」が含まれている
何のルールも存在しないのに
何故死を選ぼうとするのでしょう

勿論中には死など考えた事もない
と言う人もいるでしょう
多分そんな人は余程幸福であるか
さもなくば自分の姿を省みる機会もない
不幸な人であるかも知れない

僕はその医師に
「僕は何らかの絶望を感じると
 自分を抹消しようとする
 いわば自爆装置のようなスイッチが
 人間のDNAの中に組み込まれているのでは思います」
と告げた
確か動物の中には
理由は解明されていないけど
突然一斉に“自殺”に走る
種があったような気がします
その医師は
「・・そうかも知れませんね、スイッチの入り易い人と
 そうでない人がいるのでしょう」
と言った
でもその答えはその場しのぎで
僕の興味を満たすものではなかった

自殺はDNAに組み込まれた
自爆装置だと仮定して
僕が知りたいのは
では何故その自爆装置が
必要なのだろうかと言う理由です
或る意味より強い遺伝子を残す為
なのかも知れないし
ミスプログラミングかも知れない

そして争いや戦いはいけない
平和がいいと訴える反面
今、この時も世界のどこかで
人は争い殺し合っている
人類のこの好戦的な本能にも
何らかの意味があるように思う

周期的に大殺戮者が
地球上に現れ
何百万と言う命が失われる
そんな歴史が
ついえた事がないと言う事は
そこに何らかの意味があるはずでしょ?

それが地球上に人類が増え過ぎない為の
人口抑制機能なのか
それとも殺戮や環境破壊によって
一度は“滅ぶべきもの”は滅んでしまわなければ
次の新たな“種”を蒔く事ができないからなのか

僕は人類と言うのは実は
何者かの手によって地球上にもたらされた
外来種ではないかと考えているんですね
その何者かと言うのは恐らく
人類が古来より「神」と呼んでいるものだと思う
その「神」の手によって幾つかの規則を
プログラムされた人類と言う種が
何らかの目的で地球上に植え付けられた

今の人類よりも
先に蒔かれた種なるものがあり
そしてそれは一旦滅び
新たに人類と言う
再プログラムされた種が蒔かれた

多分「神」は人類を使って
何かの実験をしているのかも知れない
地球と言う実験場で
その実験場は宇宙と言う不可思議な空間に
パターンを変えて幾つも
存在しているものかも知れない
多分この先今の人類は滅ぶでしょうね
そして次の新たな種が蒔かれる
その時地球上の“ゴミ”も
一旦は処分されるのかも知れない

僕は時折「死」や「滅び」には
再生に向かう何らかの意味が
あるんじゃないかと考えます



今朝4時半頃
北海道の釧路方面で
M5.0程度の地震があったそうで
阿寒湖温泉で震度5弱の揺れだったとか
最近震度5程度の比較的大き目の地震が
全国的に頻発しているように感じます
そのせいか火山活動も活発化しているようで
いつか巨大地震と巨大噴火が
ドッカ~ンとやってくるんじゃないかと
不安を感じる
滅びの意味やメカニズムを
考えている割には
まだまだ達観できない
小市民ですよね(^^;


----------------------21:52


スポンサーサイト

テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Translation(自動翻訳) 横型エキサイト版
黒ねこ時計 くろック D04
プロフィール

まっとし

Author:まっとし
一応ゲイやってますが
ひとりの人として
日々感じる事をダラダラ書いてる
カナダ生まれのQuarterです
今は神戸に住んでいます
日本語OK
でも漢字は苦手(^^ゞ

2013年3月14日に
17年間一緒にいて
家族とも思っていた元野良猫の
「ニャンコ」を
腎不全からの尿毒症で
たった2日で呆気なく亡くし
ちょっと寂しいですが
お隣が捨てた半野良ネコの
「トラ美ちゃん」が
訪ねてきてくれるので
その世話で気分が紛れていますねぇ(=^・^=)

「Twitter」や「Facebook」
などのSNSはやっていない為
「いいね!」とか「ツィート」等は
クリックできないのでご容赦下さい
<(_ _)>

22 Dec.2014 ブログ名変更

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ